fc2ブログ
出雲市に行ってきた!

2月28日に出雲市方面に行ってきたのだ。

本当は前日に行くはずだったのが、生憎の雪で、米子道の真庭から江府までがスタッドレス規制になっており、残念ながらわが車はノーマルタイヤのままなので行けなかったのだ。

ノーマルタイヤで津山の冬を過ごすと、車に乗れないほどの雪の日が今年は3日ほどあったのだ。大丈夫、その時は歩いて通勤しますから。


湯原ICを過ぎると、かなりの積雪がある。
P1040217.jpg
蒜山ICあたりは雪国であった。

三平山を真正面に臨む。
P1040187.jpg
この下をトンネルでくぐれば、鳥取県なのだ。

出た!「ようこそ、鳥取県へ」 
P1040204.jpg
どういたしましてなのだ。

溝口ICあたりからは、大山が間近に見える。
P1040205.jpg
ここから見る大山はとても美しい。

眼下に、米子の街が見える。
P1040206.jpg
煙を吐いているのは王子製紙の工場なのだ。

島根県に入って、山陰道宍道湖PAで一休み。
P1040203.jpg
のどかな宍道湖に和む。

JR出雲市駅に到着。
P1040211.jpg
大社造りの玄関がお出迎え。

JR駅の左手には、一畑電鉄の出雲市駅がある。
P1040216.jpg
なんか、閑散としているのだ。

出雲市駅から、平田方面に向かう。
県道161号線の「北神立橋」で斐伊川を渡る。
そこから見えたちっちゃな橋!

P1040240.jpg
沈下橋が斐伊川にもあった!

葦の隙間から橋は始まっている。
P1040237.jpg
恐る恐る渡ってみるのだ。

遮るものがない橋上を、かなり強い風が吹き抜けていく。
P1040234.jpg
落ちそうだ。でも、おもしろい。

ところどころ砂が中洲をつくっている。
P1040229.jpg
水が少ない季節には、さらに洲が浮き上がってとても美しいのだ。

大蛇に例えられる斐伊川の悠然とした姿は、日本の美しい川3選に入ると思う。P1040232.jpg
日本の美しい川3選とは、「熊野川」「阿賀野川」「斐伊川」である。(個人の感想)

バタ電の雲州平田駅に立ち寄ったのだ。
P1040242.jpg
こちらは車庫。

こちらは駅。
P1040243.jpg

帰りに見た蒜山は、相変わらず美しかった。
P1040256.jpg


津山の面白い風景をたくさん集めた
ホームページもぜひ見てください。

ホームページはこちらです。

B級ワールドツアーズin津山

byともぞう世界旅行社


津山ブログランキング

津山ブログランキングに登録しましたので、よろしければクリックしてください。

岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載

岡山人ブログへも登録しました。

四万十川に行かなくても!

中山神社参道筋に並ぶ家の間から、横野川を跨いで民家に渡る鉄の橋。
P1030056.jpg
酔って帰った時の無事を祈らずにはいられないのだ。
(一宮)


高知・四万十川・勝間沈下橋
img_326247_56243552_1.jpg
欄干がないのは、大水の時に川の水が橋を乗り越えていくように、わざと作ってあるのだ。やっぱり、時々落ちる人がいるらしい。

美作国一の宮である中山神社。
P1030055.jpg
美作地方独特の建築様式が美しい。

中山神社では、諸国一の宮一覧図がもらえる。
P1030093.jpg
諸国一の宮巡りは老後の楽しみにとっておこう!

参道筋にある下駄屋さん。
P1030059.jpg
修理もしてくれます。

津山の面白い風景をたくさん集めた
ホームページもぜひ見てください。

ホームページはこちらです。

B級ワールドツアーズin津山

byともぞう世界旅行社


津山ブログランキング

津山ブログランキングに登録しましたので、よろしければクリックしてください。

岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載

岡山人ブログへも登録しました。

松江に行かなくても!

夜な夜な歩き回っては暴れる亀、と松江では恐れられている。津山の亀は、少し小ぶりで、背中に碑石を背負っていないとなれば、もっと身軽で悪さし放題なのだろうか。津山は暮らしよい町だから、たまにしか出歩いていないと思うのである。
(福田)弘照寺


P1020980.jpg

島根・松江・月照寺の大亀
32000535_1250_1.jpg


崖には、仏様やタヌキなどのお仲間が大勢いらっしゃる。
P1020984.jpg


津山の面白い風景をたくさん集めた
ホームページもぜひ見てください。

ホームページはこちらです。

B級ワールドツアーズin津山

byともぞう世界旅行社


津山ブログランキング

津山ブログランキングに登録しましたので、よろしければクリックしてください。

岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載

岡山人ブログへも登録しました。

三朝温泉に行かなくても!

しばらくご無沙汰しました。B級ワールドの復活だ。

P1020591.jpg
舞台の脚が比較的新しい。お堂までの石段も丁寧に掃除されている。お堂をお守りする気持ちが目に見えて、清々しい気持ちになれるのである。舞台に立てば、津山城址を間近に眺め、市役所方面を一望できる。
(上之町)慈恩寺


投入堂
こちらは、鳥取・三徳山三佛寺・投入堂。国宝である。
弘法大師が投入れたらしい。



石段横のお地蔵様は、カラフルな笠を被っていらっしゃる。
P1020913.jpg P1020914.jpg P1020915.jpg

P1020916.jpg P1020917.jpg P1020918.jpg

P1020920.jpg P1020921.jpg P1020922.jpg

津山の面白い風景をたくさん集めた
ホームページもぜひ見てください。

ホームページはこちらです。

B級ワールドツアーズin津山

byともぞう世界旅行社


津山ブログランキング

津山ブログランキングに登録しましたので、よろしければクリックしてください。

岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載

岡山人ブログへも登録しました。

年末に、何気なく過ごしていたら、故郷を思い出してしまった。

橿原神宮の初詣も行かなくなって久しいが、

大きな干支の絵馬は今も架け替えられているのだろうか。

35e23017166ddaa8d9bd753ef17b1361.jpg


ふらふら歩く参道の脇の露店には、モクズガ二を売っている店が幾つもあった。

大きな鍋で茹でたあつあつを、ヒノキの葉っぱの上に並べてある。

そんなにたくさん並べて売れるのだろうかと、子ども心に不思議でならなかった。

うちでは、オヤジがカニ籠を仕掛けて、100匹以上のカニが用水路につけた籠の中でぶくぶく泡をはいていた。

食べたいぞ、モクズガニ!

そう思うと、居ても立ってもいられなくなり、ネットで買った。

和歌山の日高川のカニ。紀伊半島のカニはふるさとの味がした。


モクズガニは生きたままで送られてくる。
ハサミで挟まれないように注意が必要なのだ。

P1040079.jpg
3200円で買ったのに、スチロールの箱には30匹ものカニがうじょうじょしている。
良心的!


金ナベで茹でます。10匹しか入らない。
P1040083.jpg

10分ぐらい茹でてます。出汁もうまいぞ。
P1040086.jpg

できあがり。
P1040087.jpg

メスの味噌がとても美味い。
P1040089.jpg

出汁に足の肉を入れて雑炊にしたのだ。
P1040091.jpg

2回目の茹でたカニ。都合3回茹でました。
P1040092.jpg
たらふく食べて、満足、満足。

 津山の面白い風景をたくさん集めた
ホームページもぜひ見てください。

ホームページはこちらです。

B級ワールドツアーズin津山

byともぞう世界旅行社


津山ブログランキング

津山ブログランキングに登録しましたので、よろしければクリックしてください。

岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載

岡山人ブログへも登録しました。